読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vaguely

和歌山に戻りました。ふらふらと色々なものに手を出す毎日。

【今日の一枚】『Thank you』David Boyles

David Boylesの世界デビュー作となった2005年のアルバム。

Taylorのギターを抱えたジャケットから、
アコースティックな曲かと思いきや、ジャリッと歪んだギターのカッティングからスタート。

ちょっと高めの声はファンキーで歯切れ良く、心地良いです。

また、全体を通してストレートなファンク曲はないものの、
パキッとしたリズムに体が動かされます。

「Infinite Possibility」のソロなど、深めのドライヴサウンドも聴けますが、

アコースティックギターを中心にしているためか、歌い方のためかとても爽やかです。

「Destiny」などほんのりJazz風味な音遣い、「Passing You By」「Back To You」のテンションコードもお洒落な感じ。

全ての演奏を一人でこなしているためか全体的にシンプルですが、
その分魅力が伝わりやすいのかもしれませんね。

 

欲を言えばもう少しだけアクの強い音が欲しい気もしますが、リラックスして聴きたい一枚。

http://www.davidboyles.com/home/