読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vaguely

和歌山に戻りました。ふらふらと色々なものに手を出す毎日。

【今日の一枚】『HOUND DOG TAYLOR AND THE HOUSEROCKERS』HOUND DOG TAYLOR AND THE HOUSEROCKERS

今日の一枚 Music

アメリカ出身のブルースマンHOUND DOG TAYLORの1stアルバム。

グシャッと潰したように歪んだギターを抱え、荒々しいブルースをかき鳴らします。

 

バンドはGt&Vo、Gt、Drのトリオという変則的な編成。

「She's Gone」「Its Alright」などのようなブルース曲も良いですが、
ロックンロール的な「Walking The Ceiling」「I Just Can't Make It」などもカッコ良い!
身体も揺り動かされます。

「Phillip's Theme」は曲中でテンポが切り替わる面白い一曲。

ですが、やはりなんといっても「Wild About You, Baby」の冒頭から聴けるようなスライドギターが魅力的です。
万人受けするというよりはアクの強い1枚ですが、
彼の作品をリリースするためにレコード会社が設立されたという話にもうなづける魅力のある作品。

 

今までロックを聴いていて、ちょっとブルースにも触れてみたい、
という人にも良いかもしれませんね。

http://www.alligator.com/artists/Hound-Dog-Taylor/