読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vaguely

和歌山に戻りました。ふらふらと色々なものに手を出す毎日。

Swift + OpenCV 2

iOS OpenCV Swift

前回の続きです。

Objective-C

File>New>FileでObjective-Cのファイルを追加すると、実装ファイルの他に通常の「クラス名.h」ではなく「プロジェクト名-Bridging-Header.h」というファイルが作成されます。

Swiftと連携するためのファイルとのことですが、記述する内容は変更ありません。

swImageViewer-Bridging-Header.h

#import < Foundation / Foundation.h >
#import < UIKit / UIKit.h >

@interface ImageController : NSObject
- (void)initOpenCv:(UIImage *)imgSource;
- (UIImage *)getImgColor;
- (UIImage *)getImgGray;
- (UIImage *)getImgThreshold;
- (UIImage *)getImgSobel;
@end

ImageController.mm

実装ファイルも同じですね。viewDidLoadで実行していた画像の操作を、initOpenCvで行っています。

#import "swImageViewer-Bridging-Header.h"
#import < opencv2 / opencv.hpp >
#import "opencv2 / highgui / ios.h"

@interface ImageController()
@property (strong, nonatomic) UIImage *imgColor;
@property (strong, nonatomic) UIImage *imgGray;
@property (strong, nonatomic) UIImage *imgThreshold;
@property (strong, nonatomic) UIImage *imgSobel;
@end
@implementation ImageController
- (void)initOpenCv:(UIImage *)imgSource
{
    cv::Mat matColor;
    // UIImageをcv::Matに変換する
    UIImageToMat(imgSource, matColor);
    // cv::MatをUIImageに変換
    _imgColor = MatToUIImage(matColor);
    
    // グレイスケール
    cv::Mat matGray;
    cv::cvtColor(matColor, matGray, CV_BGR2GRAY);
    // cv::MatをUIImageに変換
    _imgGray = MatToUIImage(matGray);
    
    // 白黒の2値化処理
    cv::Mat matThreshold;
    cv::threshold(matGray, matThreshold, 0, 255, cv::THRESH_BINARY|cv::THRESH_OTSU);
    // cv::MatをUIImageに変換
    _imgThreshold = MatToUIImage(matThreshold);
    
    // Sobelフィルタによる輪郭検出
    cv::Mat matSobel;
    cv::Sobel(matThreshold, matSobel, CV_16S, 1, 0, 3);
    cv::convertScaleAbs(matSobel, matSobel);
    // cv::MatをUIImageに変換
    _imgSobel = MatToUIImage(matSobel);
}
- (UIImage *)getImgColor
{
    return _imgColor;
}
- (UIImage *)getImgGray
{
    return _imgGray;
}
- (UIImage *)getImgThreshold
{
    return _imgThreshold;
}
- (UIImage *)getImgSobel
{
    return _imgSobel;
}
@end

参考

終わりに

現状思ったよりもObjective-Cと共通するところが多く、Swiftに書き換えるときの手助けになっている気がします。

ただ、OpenCVやopenFrameworksなどCやC++を使うアプリの場合、少なくとも当面はObjective-Cで良いのかな、という印象。

何にしろまだBetaということで、アップデートを楽しみにしつつマイペースに触っていこうかな、というところです。